読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

じゃにおたの母の覚悟


この短期間の間にこの夏2回目の帰省をした。といっても、今回の目的はリサイタルです。リサイタルin沖縄。最初は当たらなくて、この上なく悲しくて悲しくて帰省するのもやめようかな?!と真剣に考えていた矢先に復活しました。復活のわりに良い席だった、、


そんなことより、前回もお話しした私の母。今回の帰省でわかったのが、とうとう諦めムード。


兄弟に「いつになったらジャニオタ卒業するのかな?」と言われ、言われ慣れてる私は返事も反応もしないのだが、私の代わりに母が「ん〜大倉が結婚したらじゃない?」とまさかのマジレス。

でも母に言いたいのは、私はアイドル大倉忠義が好きなのであって、プライベートで結婚しようと、インスタが流出しようと、週刊誌賑わせようとアイドルであれば、関ジャニ∞であれば良いのです(インスタ流出はアイドルとして危機管理能力の無さ的にボーダーラインだけど)。

よって結婚したところで担下りすることはないんじゃないかな(あくまでも予定。予定は未定)とで思っている。


LIVEに行くたびに非現実にお金を払っていることは実感できるから多分母が心配するようなレベルではないと思ってるけど外から見たら、そうは見えてないのかもしれない。

意思疎通は難しい。