君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

親知らずを大学病院で(切開して)抜歯してきた話

ぜんっぜん関ジャニ∞、関係ないけど!

私みたいな不安から、ググる人もいらっしゃるだろうと思い。親知らず、抜いてきたはなし。まだほっぺた、完全には晴れてないうちに!


もともと、3月に地元のかかりつけで定期検診してもらったら、右下と左上の親知らずが生えてて。レントゲン撮ってもらうと、右下が真横に生えている状態。矢じるしで示すと、本当に←こんな感じ。今年国試もあるし、一度歯列矯正してるので、また歪むの嫌だな〜って気持ちと、腫れる前に抜いたほうがいいって言われ、抜歯後1週間は、地元に残ってと言われました。下の歯は、腫れるから特に言われた。でも地元に1週間も残らないので、紹介状書いてもらった。


先週の火曜日

紹介状持って、大学病院へ。私が行った大学病院は、口腔外科は事前予約対象外だったので、とりあえず初診受付開始の時間までに大学病院へ。レントゲン撮って、診察してもらったら、上の歯は小さすぎて切開しなくても抜けるから、右下と一緒に!ってことで1度に2本抜くことに。麻痺のリスクや、細かな抜歯方法など10分くらいおはなしして、翌週抜歯することに。


抜歯当日

今日お昼からだったので、最後にチキン南蛮食べて、しばらく大きく口を開けないといけない食べ物とお別れ。ちなみに、麻酔かけたあと、麻酔が切れる3〜4時間後まで、食事は取れないので、注意です。説明あると思うけど。

いざ、診察室へ。以前も、歯列矯正した際に4本抜歯したことがあるんだけど、そのときに比べたらめちゃくちゃ麻酔打ってくれました。そのお陰で術中の痛みはなかったけど、顎関節症ぎみ、と伝えるの忘れてて顎が外れそうで外れそうで泣いた。あれは、外れてたんちゃうかな、と密かに思ってる。何事よりも顎が痛かった。手あげようかな、と思うくらい泣いた。なので、伝え忘れたら結構致命的です。伝えたところで顎開けないといけないのは、かわらないとは思うけど。今回、右下の親知らずは埋没歯だったので、切開→骨削る→親知らずの頭の部分を割る→隙間から、根っこを取る→縫合って流れでした。麻酔のお陰でいつ切開したのかも全然わからないくらいだった。一方、左上の親知らず。小さすぎて秒でおわりました。ノー切開。絶対大学病院でやってもらうやつじゃなかった。


その後、麻酔が切れるまで結構大変でした。わかってたけど、うがいできない。よだれが多いのもそのせいかはわからなかったけど。かかりつけの薬局が少し遠かったから、先に自分で持ってたロキソニン飲んで、処方箋もって薬局へ。そのあいだずーっとガーゼ噛んでたけどやっぱり血は止まらず。以前抜歯した時の経験上、抜歯すると、朝枕が血だらけになってびっくりするから帰りに100均で大判タオル買って帰りました。

麻酔が切れるまでとりあえず寝て。ご飯は、口が開けられないのでおかゆとセブンのスープ。食事とるのに、めっちゃ時間かかった。予想外。あと、冷たい飲み物を、一気に飲むといくら麻酔効いてても死ぬほど痛かったのでやめたほうがいいと思う。


お金の話

初診、再診込みで1万以内くらいでした。薬代入れても、1万以内。


抜く前まではすっごい不安で頻脈なるし、って感じだったけど、今は来週の抜歯までしんどいんだろうな〜〜って言うのと、コンプライアンス不良だから、抗菌薬飲み切れるかが1番不安でっす。明日の腫れが1番楽しみ。