君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

HiHi Jetsと数字。

やーーーーーーい。みんな元気?

わたしは!元気です!なぜなら!推しが今日も生きてるから!!!!映画出演おめでとう、瑞稀くん!!!!!

推しが歌っておどってなくても、推しが元気であれば私も元気です。

 

 

 

 

 

再生回数をこつこつ記録し始めてはや半年。

もうそんなに時間が経過していることに素直に驚きます。気づいたら次の動画が公開されていることも多々あるので、全ての動画に関して再生回数を集計できているわけではないですが。今あるデータでちょっくらヘッダー獲得を意識した数字を出せないかとおもい、いくつかのデータを比較してみました。

 

 

 

2020年に入ってはや4ヶ月が経過しましたが、すでに3度ヘッダーを獲得しております。

1月、2月、3月はヘッダー取れていたのに4月は取れてません。素直にこれは残念。

・2020/1/5公開


HiHi Jets【あけおめ】2020年もHiレベルで行きます!!

・2020/2/2公開


HiHi Jets【バレンタイン秘話】雑誌のお仕事に密着したら㊙︎トークが!!

・2020/3/15公開(4本合算)


HiHi Jets【100m落下】日本一のバンジーは怖すぎた!

 

 

これらの動画の再生回数と、私が直近で記録していた2020/4/12公開の猪狩蒼弥クイズの再生回数を比較してみました。なお、バンジー回については4本合算でのヘッダー獲得であり、メイン動画単体での再生回数は特筆すべき事項がなかったため、以下のグラフには含めておりません。

 

 

f:id:ggvecw:20200505021610p:plain

2020年ヘッダー獲得動画再生回数

 

上記グラフからもわかるように、いづれの動画においても動画公開から3〜4日後の再生回数に関しては増加数が緩やかであることがわかります。一方で、公開から5〜6日経過し、ヘッダーの獲得が射程圏内になると、そこから急激に動画の再生回数が伸びていることがわかります。これは、比較対象としている4/12公開動画の再生回数と比較しても明らかかと思います。

他の曜日を担当しているグループの再生回数について記録を残しているわけではないので、あくまでも個人的な意見になりますが、HiHi Jetsの動画については、再生回数締め切り直前に再生回数が急増する傾向がより顕著に現れる印象があります。常にヘッダーについて意識している層よりかは、ヘッダーが狙えるときにより視聴回数を増やしていく層の方が多いのではないかな、と思います。今後コンスタントにヘッダーの獲得を狙うためには、常にヘッダーを意識している層をいかに増やしていくかが重要であることは言うまでもないと思います。

でもそんなこと言ったってむずかしいよねえ、と誰に向かってでもなく嘆きたくなります。もうすでに動画の視聴方法が確立しているファン層よりも、新規のファンをいかに数字を意識した層にもっていけるかどうかで、今後の動画視聴数に変化が生じるのかな〜と思ったり思わなかったり。

 

そこで、動画の再生回数自体は増加しているのか?と思い、2019年9月〜2020年4月に公開された動画で、公開から7日分のデータを集計できた動画の再生回数を下記のグラフにまとめて記載しました。

f:id:ggvecw:20200505022901p:plain

HiHi Jets 再生回数(2019.9〜2020.4)

なお、2019年に公開された動画に関しては寒色で、2020年に公開された動画については暖色で表記しています。

上記のグラフからもわかるように、動画自体の再生回数としては増加傾向にあるのではないかと考えられます。その背景には、収録に参加している人数の違いがあることは明白ですが、それでも再生回数自体が増加傾向にあることは評価すべき点ではないかなと思います。そうはいっても2019年と比較したら伸びている再生回数も、最近はヘッダーを獲得するグループ以外ではどんぐりの背比べ状態な印象が正直なところです。単純に他のグループの企画や編集が面白いことを考えると、HiHi Jets以外のファンの動画リピート率をどうやってあげるかを考えないといけないのかな〜と思います。もはや、そうなってくるとファンが数字眺めてあーだこーだ言うところの領域を超えてるけど。でもあんまり数字にとらわれないで撮影編集してほしい、とも思ってしまう複雑なおたくごころ。そんなこと言っても、たまに数字意識した企画もってこられると、需要わかってる〜!!!!!とも思うので結果なんでもオッケー。ちょろい。話が脱線しましたが、実際にこうやって数字で比較すると少しずつ、着実にファンの絶対数を増やしていけているのでは?と思います。着実に少しずつ前進するJets、素敵です(甘)。

 

 

 

今回は上記2つのグラフから見えるあくまでも私個人の考えをつらつら書いてきました。これまでも、再生回数に関する考察等を何度か行っていますが、あくまでも動画の視聴については個人が楽しむものであり、ファン同士が強制するものではないと思っています。しかし、私個人としては、今HiHi Jetsに与えられているお仕事の中で、数字として顕著に結果が残るYouTubeについて、ないがしろにしていいものだとは思っていませんし、少しでも同じ気持ちを抱く方がいらっしゃるのであれば、一緒に彼らの今後に繋がるように応援できればいいな、と考えております。

 

 

まあでも、そんなこといってもですよ。

YouTubeの再生回数も怖いけど今一番怖いのは、裸の少年のDVDの売り上げ枚数で、事務所に数で評価されてしまうことだけど。売り上げという絶対的な数字が、今後の期待値にどう影響してくるのだろうか、と考えると本当に怖い。大人になればなるほど、数字による評価が主観に左右されない事実であるがゆえに強い力をもつことを、嫌なくらいに認識させられています。それを20歳そこそこの彼らが意識しているかもしれないと思うと、私に潤沢な資金があるのであれば、そんな心配をさせたくなかったけどな、と。残念ながら石油王ではないのでそんなこともできないけど。

 

 

まずは月に1回コンスタントにヘッダーをとれるようになって、私が石油王になりたい、って思わないくらい裸の少年のDVDが売れることを願うばかりです。

 

www.hadakanoshonen.com

 

 

 

ファンになって1年足らずのわたしがお勧めするHiHi Jetsオリジナル曲。


事務所として取り組んだYouTubeによる配信。 

#Johnnys  world happy live with you!(以下JWHL)

ジャニーズJr.として2組しか単独出演していない中で、その貴重な枠を1ついただいたことはとても嬉しいことだなーと思います。

さらに本来であれば、春祭りで披露する予定だった新しい新曲「駆ける」まで長尺で披露してくれました。嵐が歌いそうな爽やかなメロディと、思い馳せたくなるような歌詞にHiHi Jetsを表すフリ。えもいね!!こんな言葉でしか表せない自分の語彙力が憎いけど、瑞稀くんにHiHi Jetsとしてぜひ成功してほしいな、と思いました。




そんなこと言いながら、動画が配信された日曜日に、結構長い時間急上昇ワードにHiHi Jets関連が上がっててもうすでに世間に見つかったのではないかな〜と思っているんですが、どうですか??見つけた〜と思った方はいらっしゃいますか??

奇遇ですね。わたしも2019年の夏、同じ体験をした者です。

そんなわたしがおすすめするHiHi Jetsのパフォーマンスを!Dooooonと5曲、勝手に紹介しようと思います!!!

(注 5曲といいながら番号が重複しており、計6曲あげています。でもわたしの中で絞り出した曲なので番号も重複したままにしてます。以後気をつけます!!!!)


ちなみに、動画配信と同じようにHiHi Jetsオリジナル曲のパフォーマンスに限定しようと思います。デビューしてないのにオリジナル曲たくさんいただけてるのもHiHi Jetsの凄いところです。あなたのアイドルを見つける目、最高です。






1) HiHi Jets -YouTube DANCE動画、2020/3/13 MUSIC STATION他多数


HiHi Jetsといえば、HiHi Jets(曲)です。デビューしていないのにもかかわらず、ユニット名がついてる曲を持っています。強い。

歌詞は、一回聞いただけでは理解することが難しいですが、そこは求められていないので大丈夫です。歌詞の意味を考えることより大事なのはフィーリング(個人的な感想)。意味はわからないけど元気が出る曲です。聞くたびにはまるし、そのうちイントロのドンッドンッドンッカッで猪狩蒼弥が飛ぶ絵が脳内でリピートされます。そこまできたらあなたはすでにHiHi一族。ようこそ。



2) baby gone - YouTube パフォーマンス動画、少年倶楽部など


JWHLで2曲目にパフォーマンスしてた曲。そう、5人で星を作っていた曲です。ごりごりに踊っていたあの曲、なんと猪狩蒼弥が振り付けした曲なんです〜!!!!猪狩蒼弥が誰かわからないって?HiHi Jets(曲)のイントロで挨拶しながら時間が足りなくなって真顔になりながら途中で挨拶を諦めた、緑のファーを腰からぶら下げてる彼です。若干17歳。2020年度にようやく高校3年生になります。そんな猪狩蒼弥が振り付けした曲。猪狩蒼弥のクレバーさは、HiHi Jetsの武器の1つだと思っています。彼の才能に気付いたそこのあなた、あなたはすでにHiHi一族です。




3)だぁ〜くねすどらごん - YouTubeパフォーマンス動画、少年倶楽部


ユニット名がついてる楽曲を持っているHiHi Jetsですから、メンバー紹介の楽曲も持っています。作詞は天才猪狩蒼弥。これも本当に天才だから是非ともYouTubeでみてほしい。ちなみにYouTubeでは「メンバー紹介RAP」として動画があるのでご注意を。JWHLでは披露してなかったですが、HiHi一族のあなたに是非とも聞いてほしい。まだそうではないそこのあなたにも是非聞いてほしい。ちなみに、YouTubeでは字幕をONにすると歌詞が確認できます。是非、歌詞を読みながら楽しんでほしい、猪狩蒼弥は天才だから。




3) Eyes of the future - 少年倶楽部


2019年9月の少年倶楽部で披露した楽曲。とてもおしゃれな曲ですが、HiHi Jetsの意気込みが感じられる楽曲。私が好きなオリジナル曲の中でトップを争う曲です。まだ披露する機会がそんなに多くないのがとても残念ですが、本当にいい曲。はやくYouTubeにパフォーマンス動画をあげてほしい曲。



4)ZENSHIN - YouTube DANCE動画、2020/3/13 MUSIC STATION


2020年7月期のBS日テレで放送されていた「恋の病と野朗組」の主題歌。Jr.が主演のドラマとはいえ、デビューしていないのに主題歌を歌うHiHi Jets。とても強い。Mステで披露したり、今回のJWHLで披露したりなにかとメディアで披露する機会の多い曲。HiHi Jetsの元気さが伝わる曲で、真似しやすい貼り付けもポイントだと思います。



5) 情熱ジャンボリー - YouTube パフォーマンス動画、2020/3/29 JWHL他


ZENSHI、HiHi Jets(曲)に並びメディアで披露する機会の多い楽曲。

2019年4月から放送されていたアニメ爆丸バトルプラネットのオープニング曲。アニメのオープニング曲なのに、やたらHiHi Jetsを連呼している曲。あれ、デビューしてないのにそんなにグループ名言うんだ?っていうくらい言います。HiHi Jets(曲)に並ぶくらい連呼します。それを許してくれていた爆丸さん、ありがとう。爆丸さんは立派なHiHi一族。






これだけあげてもまだ他にもあるHiHi Jetsのオリジナル曲。

みたいですよね?みたいですよね???

そんなあなたにおすすめするのがこちら!「裸の少年DVD」!!なんと、期間限定で予約受付している完全受注生産のDVDに去年の夏の公演がまるっと入っています。わたしおすすめのEyes of the futureも観れます。猪狩蒼弥のオリジナルソロ曲Fenceも披露されていた公演が、映像化されます!!!!!これは本当に嬉しい〜6月末の発売が心待ちすぎる〜ということで、確か5月の頭まで予約を受け付けています。それを逃したら本当に売ってくれない。なので是非!この機会にHiHi Jetsに興味を持ってくれたそこのあなたにも観てほしい。





まだまだパフォーマンスが荒削りなところはありますが、HiHi Jetsのこの勢いを、成長を見守れるのはとても幸せだし、わたしのアイドル見る目は最高だった。みつけた私、偉いよ!

HiHi Jetsは色々あった方ですが(気になった方は検索してみてね)、それでもアイドルとしての可能性を感じさせてくれるところは本当に凄いし、逆に色恋で売ってない、パフォーマンス一本勝負にかけている気がしているところもとても良き。甘い甘い言われるけど、おたくは甘いものです。ここテストに出ます。


今回、HiHi Jetsをみつけてしまったそこのあなたも是非一緒にHiHiコールしようね!




2020年3月におもう。




正直このムードに疲れてる今日この頃。

医療職に従事してる身としては、本当に本当に疲れたなというのが正直なところです。テレビをつけても職場でも同じワードしか聞かない日々はいつまで続くのでしょうか……


そして心の支えでしかなかった春祭りも休演が発表されましたね……この時期に発売される雑誌が春祭りの話しかしてなくて、本来であればわくわくさせてくれるであろうテキストも、幻の公演となった今は読むのもつらいのが現状です。みんな顔が可愛いからいいけど!!!Mステもみんな可愛かったからまだ元気だけど!!!タグ作ってヘアスタイルをファンに聞いたみずきくん、リサーチ力が高すぎてファンとして感動した…私の推しはどこまでもアイドル。

#井上瑞稀MステでZENSHIN



でも春祭りが奪われた今、目下の楽しみは裸の少年のDVDだけです……

わたしは6月末まで精神的な意味で生きていけるでしょうか。来月行く予定の舞台は開演するのか……するといいなあ





春祭りにあわせてなのか、発表できなかったお仕事があったのか定かではありませんが、色んな雑誌で表紙を飾らせていただけるHiHi Jetsさん。アイドル誌のDUETに、ザテレビジョン、TVガイド、これから発売される雑誌にNHKウィークリーステラ、MYOJOと本当にたくさんの表紙に起用していただけて嬉しい限りです。十何年おたくしてきて、初めて同じ雑誌を3冊以上買うという経験をしています。それに加えて春祭りの宣伝で載せていただけてる雑誌もたくさん。


どの雑誌もみんなそれぞれ写真写り抜群です。かわいい。でもそれ以上に、どの雑誌もテキストがおたくの心に染みます。これはあくまでも持論なんですが、HiHi Jetsを好きな方で彼らよりいくばくかお姉さんな人たちは、彼らが5人で集まった時のキラキラ具合や無邪気な様子、陳腐な私の語彙力では青春というワードしか出てきませんが、その雰囲気が大好きなのではないかなと思っています。少なくともわたしはそうです。もちろん彼らのパフォーマンスは大好きですが、パフォーマンスにしかりブログにしかりYouTubeにしかり、何をとっても未成熟な彼らがデビューに向かって必死になっている様が、大人になってしまったわたしにはとてもキラキラしていて眩しくて、見ているだけで活力をもらえる気がします。そんな彼らが、様々な雑誌でこの半年の出来事をそれぞれで振り返っています。わたしがよく目にするキラキラな彼らとは対照的に、少し憂いをおびているような大人になりかけているのではないかと読み手に思わせるテキストで読むたびに少し苦しくなります。読むのがつらい、あの4ヶ月を思い出したくない、というわけではないのですが。4ヶ月を経て形成された彼ら5人が持つそれぞれのアイドル像を、多方面から浴びすぎて深読みする機会が増えてしまった、というところでしょうか。うまく言葉で言い表すことができないことが残念ですが。正直、あの4ヶ月について触れるのは密着番組が放送された時点でお腹いっぱいでした。彼らにはもっと、ご飯食べに行った!とか、リハ頑張ってるよ!とか、免許取ったよ!っていうお話をしてもらうだけでファンは幸せな気持ちになるんだな〜と実感しています。もはや今は楽しそうなリハの話を読むだけでしんどくなりますが。


でもそれだけ考えすぎてしまうくらいたくさんの露出があるのも嬉しいことだな〜と日々思います。彼らがたくさん時間を費やした演目を目にすることができないのは本当に悔しいですが、彼らのコメントも前しか向いてなくて、それでこそHiHi Jetsだと納得してしまいました。優斗が出演していた番組で、うがいの効果に対して疑問符が付いていたにもかかわらず、手洗いうがいって文言を見たときは、優斗さん…となりましたが。





エンタメが枯渇するとこんなにも人は元気がなくなるんだと実感した1ヶ月。年度末だし、もう耳にタコができるくらい毎日おなじようなニュースだし、元気も出ませんが毎日のように誰かがテレビに出てくれるから、がんばれています。毎週のように表紙を飾ってくれるから、がんばれています。毎日ブログを更新してくれて、毎週YouTubeも更新してくれるから、がんばれています。大きなお知らせがなくてもがんばれるけど、エネルギーの貯蓄が切れそうなので、次のお知らせがすぐにあることを祈っております。グッズも通販してくれてありがとう。せっかく遠征費が空いたので、DVDと写真とグッズたくさん買おう、っと。



自分の機嫌は自分でとっていくスタイルで。





雑誌祭りのなかで特に読んでほしいTVfanのお話、


なんだか嬉しいお知らせが多い今月。


裸の少年のDVD発売、TVガイドやDuetの表紙……

毎日毎日5人の活躍を目にしてる事実だけでも幸せだなあ、とおもう毎日です。



雑誌にも最近よく出てるJetsさん。

そういえばチェックしてなかったなあ、と思ってTV誌をチェックしに書店に入ったら。TVfanが良記事すぎて気付いたら手に取ってお会計に並んでいました。



まず、まず何と言っても写真が抜群に良い。メンバーカラーの靴下をそれぞれが履いてるのもかわいいけど、5人全員サスペンダーつけてるところが本当にかわいい。年が明けてから、各誌で2ショットで掲載されていますが、例に漏れずTVfanも2ショットなんだけど。これが本当に可愛い。特に作間龍斗くんと各メンバーの写真が本当によい。そのなかでも特に猪狩蒼弥くんとのいがさく(そやさく/蒼龍)コンビの写真が待ち受けにしたいくらいかわいい。先輩のラジオに2人で出演した時もしみじみと実感したけど、そやさくは同い年だけど2人ともよくできた17歳なんだよなあと思います。ふとした時にみせるいたずらっ子なところは17歳だなあ、と思うけど基本的に思考も大人だし、HiHi Jetsの最年少とは思えないくらい。だからこそみんなに愛されるそやさくなんだろうなあ。本音を言えば!そやさくに限らずみんな可愛い。


そして本当に読んでいただきたいテキスト部分。対談形式ではなく、メンバーそれぞれがHiHi Jetsとして今後の活動についてどう考えてるのかをわりと心に刺さるような文面で載せていただいております。アイドルとおたくなんてお互いが需要と供給を把握してそのコンテンツを完成させていくものだと思っているので、おたく側にしかいない私にはアイドル側が本当はどういう風に思っているかなんてわからないですが。少なくともTVfanのテキストについては、ファンに響きやすい形の言葉が並べられているのではないかな、と思います。特に猪狩蒼弥くんのテキスト部分は個人的にめちゃくちゃ刺さりました。この4カ月を経て今の5人での活動は美談じゃないと自ら言い切った蒼弥。今までは個人として個性を出してたけど、今はその個性を無視してでもグループとして頑張らないといけない時期だと17歳の最年少がコメントしてくれていたことは本当に驚きました。まだ17歳。この思考を持てる猪狩蒼弥がHiHi Jetsのメンバーであることは間違いなくHiHi Jetsの強みだと思います。すごい。平凡な言葉でしかこの感情を表せないことが悔しいくらいにすごい。


もちろん猪狩くんだけでなく、井上瑞稀くん、髙橋優斗くん、橋本涼くん、作間龍斗くんみんなのテキスト部分も考えさせられるものがありました。さくちゃんの身長が伸びてる!浮所に学校帰りに会った!というなんとも可愛らしい報告もあって、久しぶりにこんなに満足するテキストに出会えたなあと思います。



年が明けてから、様々な媒体のお仕事を目にすることが多くて。どれをとってもこの4カ月に触れてはいますが、こんなにも自然な文章で触れているのを目にしたのは初めてでした。密着番組で3人への、特に私の推しの井上瑞稀くんへの乱暴なインタビューを目にしてからは本当に憤りしかありませんが、そういう気持ちを抱くことなく読み終えられるテキストだったかな、と思います。





いただけるお仕事と今の環境のギャップに我々ファンが驚くこともある現状で、よく思われない方がいらっしゃるのは重々理解しているつもりですがどうしてもつらくなる時があります。それでも5人が頑張ってくれている今、改めてHiHi Jetsのファンをしててすごく楽しいなあ、と思います。



昨今の感染症の影響で春祭り開催が怪しいですが、やっぱりいまの5人を目にしたいなあと思うばかりです。私はだぁどらのC&R、まだ諦めてないからね!やろうねだぁどら!!



どうにかしてHiHi Jetsの特集を組んでくれてYouTubeの撮影までさせてくださったテレビジョンにお礼が言いたい。


YouTubeってなんて素敵なコンテンツなんでしょうか。

ジャニーズJr.としては、毎週1本は新しい動画を上げてくれて、比較的新しい彼らの状態を知ることができる。しかも無料で。


今ジャニーズJr.チャンネルでは各曜日担当グループが公開から1週間後の再生回数でヘッダーを決めるシステムを導入しています。

我らがHiHi Jetsもなかなか惜しいところまでは行くけど、ヘッダーを取りきるに至ってない現状があります。この他グループとの争いは、ファンが疲弊するシステムだなと思いますが、それでもメンバーに喜んで欲しい一心で再生回数の統計学的データをとるようにしてるし、なるべくI日に1回はみるようにしてる。単純に仕事の疲れを彼らで癒しすために観てるところはあるんだけど。


それでも、今の、ヘッダーが手の届くところにまできているにも関わらず逃しちゃう環境に個人的にジレンマを感じていて。どうにかできないか考えた結果、お金を使うことにしました。

噂のYouTube Premiumに課金することにしました。



これはあくまでも、YouTube Premium気になってるけど……っていう人に向けて、個人的な使用感をお伝えするためのブログであり、みんなに課金してまでヘッダーとろうぜ!!って強要してるものではありません。あくまでも、興味がある人向けであり、動画なんだから観たい時に好きなものを見ればいいと思います。私も過度な争いは好きじゃないから。


YouTube Premiumの料金について

たぶん、プレミアム登録しようかな〜って迷ってる人が1番懸念してると思うところがお金の部分だと思います。実際私がそうだった。

登録初月は無料ですが、翌月以降1500円かかります。ここが罠だった。なんと、YouTubeアプリを介して登録すると1500円月額でかかるのですが、Safari等を介して登録すると月額1180という。なんでこんなに差額が生じてるかわからないけど。YouTube見てる時によく広告で出てきた価格が1500円だったのでめちゃくちゃしぶってたけど、月額1000円ちょっとなら……とおもって登録しました。1000円ちょっとで彼らにヘッダーを飾ってもらうチャンスがふえるなら、そんなに嬉しいことはないな〜という個人的な感想。


*バックグラウンド再生

これが、本当にノーストレス!PCでYouTubeを見ると何もしなくてもバックグラウンド再生ができるのにも関わらず、アプリの特性上スマホではそれができないのが常識でした。だから、YouTubeみながらTwitterするためには違うデバイスで流しながら…とか。もはやYouTubeみてる間はスマホをいじるという選択肢はなかった。でも、ただ単に声がききたいな〜とか、あの曲聴きたいな〜とおもった時にバックグラウンド再生はめちゃくちゃ便利。そんな当たり前のことみんなしってるよ!って感じだろうけど、YouTube×バックグラウンド再生って概念がなかったので、本当にその便利さを実感してる。


*オフライン再生

ギガ数を気にすることなく、いつでもどこでもかわいいJetsちゃんたちをみることができます!どこでも!!!以上。



とりあえず思い浮かぶ特徴はこれくらい。これから使い続けるとまた違った感想が生まれるかもしれないし。でもとにかく、いちばんの懸念材料が1500円という月額料金の高さだったけど、1200円弱で登録できると知ったのは大きかったです。


本人たちが再生回数に悩んでるということに言及することが続いていて、特定のファンがたくさん見ることを望んでいないのはわかってるけど、再生回数増やすと一般の人にも興味持っていただけるかもしれないし。何より、5人の動画でヘッダーを飾って欲しいな…っていうおたくのわがままな願望です。



いや、でも今回は特に。事務所内のお仕事ではなく雑誌という外部のお仕事なのにも関わらずYouTubeの撮影をさせてくださったテレビジョンさん。それだけでもありがたいのに、未公開ショットになるであろうデータもたくさん提供していただいて。購入でこのご恩に応えたい!さらにあわよくばYouTubeもたくさん再生して宣伝したい!!!その一心で月額1200円払うことにしました。


気になってる方、いらっしゃったらこのタイミングでぜひ!登録する時は絶対アプリ介さないでね!!



嬉しい出来事が多かった2020年1月第4週。

新年早々インフルエンザに罹患しました〜!!

 

20年ぶり。1年目なのにインフルでお休みいただいていました。

もうすでに仕事に復帰しているから、もう元気なんですが、普通にきつかった。職業柄、どこでもらってきたのかわからないけど、予防接種うってても相当きつかったので、皆さんぜひお気をつけて。

 

 

 

今週はたくさんハッピーなことがありました。

日曜日には5人のYouTube配信が再開されて。

久しぶりにみる涼くんがめちゃくちゃ痩せてて、心配です。そんな低糖質のおもちもどき作ってる場合じゃないから、涼くん!おもち食べて!!って気持ち。最初にみて抱いた感想はまずそれ。涼くんはご飯食べて。そのあと、伝記でもごはんたべてるアピールはしてたけどもっと食べて!!!!でも相変わらず優しい空気をまとった涼くんがそこにいてとても嬉しい。そしてさくちゃんは少し身長のびた?顔つきがかわったかな?って感想です。出てない期間も3人のYouTubeは観てくれていた様子が、ところどころで感じられて。どの動画が一番すきだったかどうかとかも教えてくれるといいな〜。さくちゃんの話の流れから瑞稀くんがバンジー飛ぶ流れになってるのは、過保護な井上担からしたら心配でしかないけどね!今回の動画に関しては、なんだかんだ2人に対する感想が大きくなりがちですが、もちろん瑞稀くんはお顔がかわいくて天才でした。有料会員限定ブログによると、どうやら瑞稀くんは天才と自覚があるようなので、わざわざ私がいわなくてもな〜とは思いますが、それでも瑞稀くんのかわいさは桁違いなので。ちなみに今回の瑞稀くんの私服、似合っててとても好きでした。

 

 

月曜日には、なんとHiHi Jetsの新曲が初解禁されました。

爆丸バトルプラネットの新エンディング曲「サヨナラの方程式」

Be My Storyとはまた雰囲気が違って素敵な曲です。まさかこのタイミングで新曲をいただけるとは思ってもいなかったし、それが爆丸さんとのタイアップ曲であるとは本当に夢にも思っていませんでした。

去年に引き続きHiHi Jetsを起用していただいている爆丸さんには本当に感謝しかありません。そして新エンディング曲とともに、オープニング曲である情熱ジャンボリーも3人verから5人verに戻していただいております。この度はご迷惑をおかけしたにもかかわらず、引き続き起用していただき、さらに新曲まで。本当にありがとうございます。言葉で感謝を伝えても伝えたりない。そう考えた結果、HiHi Jetsのファンが爆丸を買い荒らす現象が起きました。どうやら、爆丸の商品自体はもう日本国内で新しい商品の展開を行われないようで。それに伴い比較的安価で購入することができ、さらにHiHi Jetsのメンバーカラー(赤・青・白・緑・紫)で商品展開されていることなど様々な要因が奇跡的に重なり、夜な夜なHiHi Jetsのファンが爆丸を購入する謎現象が起きました。この流れめちゃくちゃに面白かった。爆丸ファンの方々が当惑している様子をみせながらも、購入報告しているツイートにリアクションしてくださっていて。そんなファン同士のやりとりから、ついには爆丸商品を販売しているタカラトミーの公式ツイッター爆丸公式ツイッターが反応する事態に。まさかそこまで反響が大きくなるとは思ってもいなかったし、結果としてよその畑を荒らすようなことになってしまったのですが、それでも爆丸のファンのみなさまはとても優しくて。我々初心者にも動画などを用いて爆丸の遊び方を教えてくださったり、HiHi Jetsにも興味を示してくださったり。異なる分野のファンですが、こんなにも平和にお互いの分野を理解しあえる世界があることにとても感動しました。HiHi Jetsにであって数ヶ月。HiHi Jetsを応援すること自体はもちろんとても楽しいです。それは間違いない。でも、デビューしていないJr.の将来に対する不安定さから、他のグループ込みでジャニーズJr周辺の治安はあまりよくないな〜とういうのが素直に抱いた印象でしたが、そこには平和な世界しかなかった。数日たって、購入する流れは落ちついていますが、引き続き爆丸のファンの皆様ともいい関係を築けていけたらいいな〜と思います。ちなみに私もメンカラ意識して5体買いました。でもあまりの難しさに、まだ遊ぶに至っておりません。早く使いこなしたい。

 

 

本格的に5人でも活動が多くなってきて。それに加えて今週来週は瑞稀くんソロのTVのお仕事が続いているので毎日嬉しい限りです。春にもどうやら、5人のパフォーマンスを見る機会を得られたので、セトリ楽しみにしながら初のEXシアターに若干の恐怖を抱きながら。めちゃくちゃたのしみにしております!だあどら、してね!!!!!それは本当にお願いします!!!私もC&Rしたい。

 

素顔4をみながら、HiHi Jetsにももっと大きい会場でライブをしてほしいな、もっとのびのびローラーですべってほしいなと思う気持ちがつのるばかりです。今回の爆丸のながれとかがそういう機会をつくるきっかけになるといいな。

 

 

 

 

5人のHiHi Jetsと過ごす2020年


あけましておめでとうございます。

帰省先から戻っている最中ですが、みなさまお正月いかがお過ごしでしたか?

実家のTVがオリンピックを前に4Kにアップグレードされ、高画質で紅白やカウントダウンコンサートを観れたので、わたしはコスパの良いお正月を過ごすことができました。

ミルクティー色に染めた優斗くん(通称みるくP)も紅白ではみられず、「紅白出るにはその髪色は怒られたのか?」と思いましたが、カウントダウンでは無事みるくPがパフォーマンスする姿が観られて縁起が良い年越しになりました。あと単純にメンバーの誰かが金髪だと見つけやすいので、その点でもカウントダウンはミルクティー色に戻してくれてありがたかった。ありがとう新成人の優斗くん。



さて。




待ちに待った2020年がやってきました。




Yahooニュースのトピックスとして上がってたのもびっくりしましたが。

HiHi Jets 橋本涼作間龍斗の両名が2020年1月1日からHiHi Jetsとしての活動を再開することが発表されました。




発表されるまで、長かった。



何回もアイランドストアオンラインで2人のグッズが販売再開になってないかリロードしたし、何度も公式サイトに足を運んで確認した。

しれっと戻ってくるのは嫌だね、ってことは友人と話していたし、当事者じゃない優斗くんが先陣切って挨拶するのも嫌だよねって話もしていました。2人が自粛期間に入る時も2人のコメントはなく、優斗くんが代表として、伝記でコメントを出していてそこに対するもやもやもあったので、どうしても2人からのコメントが欲しいなと思っていたところでした。あくまでも、戻ってきた場合の仮定の話だったけれども。



情報局からメールが来る前に、Twitterで話題になっててすぐ確認しました。1番最初に優斗くんのコメントを読んで、安心しました。2人は戻ってきてくれた。HiHi Jetsとして活動を再開することを許してくれた事務所の方々に対しては感謝しかありませんが、2人を受け入れてくれた3人と今後どうリアクションが返ってくるか分からないのに戻ってくることを選んでくれた2人に対しても感謝しかありませんでした。

3人で活動したこの3ヶ月半、全力でHiHi Jetsを守ってくれたのは間違いなく3人だと思います。彼らの心労も、きっと私が想像してるものよりも遥かに大きいだろうなと思うほど、この期間で3人とも痩せているように感じていました。もちろん成長期であるとか、10代特有の身体の変化かもしれないけど。

1月1日に発表された3人のコメントは、彼ら以上に同じ過ちを繰り返さないことを意識させるコメントだったなと感じます。今後、3人が同様のことをおこしてもそれはきっとグループとして、2度目としてカウントされると思います。少なくともわたしはきっとそう思います。自分とは意図せず解釈されることも言葉のこわいところではありますが、彼らはきちんと自分の発言に責任をもってくれると信じて、これからも応援したいと思います。




そして、橋本くんと作間くん。

2人のコメントを拝読したとき、アイドルとして、あのようなプライベートの写真が流出したことは勿論よいことではないですが、まだ19と17の2人があのようなコメントを出すことにとても苦しくなりました。人気商売のお仕事、好感度などをもとに成り立っているお仕事なので、今回のようなことはあってはならないことなのは重々承知なのですが、それでもどうしてもあのコメントを心を痛めずに読むことはできませんでした。特に、作間くんのコメントは、高校生の彼が率直な気持ちを書き連ねたような文章で、5人のコメントで1番最後に読むにはあまりにもストレートすぎる表現で。あまりにも自分のことを責めているように感じるような文章で。私は彼らがHiHi Jetsとして活動を再開させることを望んではいたけれど、それに伴い彼らが再開後に受けるであろう心労にまで目を向けていたのだろうか。まだ10代の彼らが受けるであろう批判まで考えていたのだろうか。



活動再開が決まって、5人での活動を望んでいた私としてはうれしい反面、2人がこれから受ける批判を想像するだけで気が滅入ってしまうのは確かです。HiHi Jetsとして現ジャニーズJr.の中で割と良いポジションを与えられている中で、彼らが戻ってきて5人として活動するときに同じようなポジションで活動したとき、他のグループのファンから批判される対象に2人がなってしまうことがこわくてこわくて仕方ない。もし5人での活動で後列に下がったとしても、同じグループの他のメンバーのファンから何も言わずに活動を応援してもらえるのか。どっちにしても相当数の批判を受けることになるのではないか。どちらにせよ、2人は批判に対する覚悟を持って活動を再開してくれてると思いますが、ファンの私でさえもとても怖いのが本音です。


それでも友人には推してくれるひとがいればきっと大丈夫、と言われたので。その言葉を信じて。彼らが頑張れる活力に少しでもなれるように、彼らの活動を応援していこうと思います。



私だけでなくきっと5人もめちゃくちゃ怖いと思う。だからこそ、わたしは2020年もHiHi Jetsを応援しようと思います。







有望な未来しかないHiHi Jetsの2020年が実り多き年になりますように。