君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

HiHi JetsがつくるHiHi Jetsのためのライブが大好きな話。

10月の先輩のライブ配信をのぞいて、メインとして出演するのは8月の単独公演以来の配信公演。

夏からはそれぞれ1歳ずつ大人になったHiHi Jetsのパフォーマンスを楽しめた公演でした。


Island FES 2020/11/28

セットリストは以下の通り。

1 ZENSHIN

2 Attack it (嵐)

3 Clap-A-Holic (玉森裕太)

4 サムダマ-7 MEN 侍

5 Rollin'- 7 MEN 侍

6 スワンソング-Jr.SP

7 Fence

8 明日の記憶 (嵐)

9 生活(仮) (King&Prince)

10 Love meee (藤ヶ谷太輔)

11 シャレオツ (SMAP)

12 living large (SMAP)

13 Go Higher (赤西仁)

14 FIRE!! (北山宏光藤ヶ谷太輔)

15 Come On A My Houce -フラッシュJr.

16 絆 -7 MEN 侍

17 サイレン-7 MEN 侍

18 言葉より大切なもの -7 MEN 侍

19 JUMBO -7 MEN 侍

20 センセーション -Jr.SP

21 SAMURAI -7 MEN 侍/HiHi Jets

22 baby gone -HiHi Jets/7 MEN侍

23 truth -Jr.SP

24 だぁ〜くねすどらごん

25 情熱ジャンボリー

26 P•A•R•A•D•O•X

27 ドラゴンフライ(初披露)

28 HiHi Jets to the moon - HiHi Jets/7 MEN 侍/Jr.SP

29 HiHi Jets - HiHi Jets/7 MEN 侍/Jr.SP

以下情報局限定配信

EC1 駆ける

EC2 I Scream Night -7 MEN 侍

EC3 Ghost〜君は幻〜 -Jr.SP

EC4 Eyes of the future - HiHi Jets/7 MEN 侍/Jr.SP



全体的にオリジナル曲もバランスよくやりながら、先輩方の楽曲も多く披露させていただいた公演だったな〜と思います。


そして夏の配信で猪狩くんが言ってた、"配信を現場の妥協ではなく、1つのコンテンツにする"を夏の公演に続いて実行した公演だったなと思います。特にその言葉を実感した2曲がSMAPさんのliving largeと赤西くんのGo Higherになります。

living largeでは、メンバーが自撮り棒のような形でカメラを持ちながらローラーを滑る演出。これに関しては何度か映像が切り替わった際に、カメラがまったく写ってなかったのでその映像だけ差し込みだったのではないかな?と思います。

続くGo Higherでも、5枚の鏡で作った五角形の中にメンバー5人が入って上からの映像の流すという試み。本来の有観客のライブでは、難しいであろう演出で驚きました。

いずれにおいても、視聴する側が画面に酔ってしまいやすい映像にはなっていたかな、という点を今後どう対応するか求められるところではあるかなと思いますが、前例がまだまだ少ない配信ライブで、配信ならではのことをしようとしたその背景は評価できるものであったのではないかなと思います。


そして、ソロ曲ではなく"ピックアップメドレー"という形で披露したFenceにはじまりシャレオツまでの5曲も非常にわくわくしたものでした。

去年のサマーステーション公演や、少年倶楽部で披露した際には7 MEN 侍のメンバーをバックにつけていたFence。髙橋井上橋本作間の4人を従えてうたう猪狩蒼弥はすばらしくかっこよかったですし、何より衣装がよかったため、この1曲のみの披露だったことがとてももったいないな〜と感じました。続く作間くんのピアノ演奏。事前のIsland TVではピアノを演奏することを明かしていましたが、それでもその手元とピアノを弾きながらうたう作間くん、とてもかっこよかったです。そしてあいも変わらず、ばちばちに決めた衣装がお似合いになる橋本くん。ファンの心理をがっちり読んでいる演出だったと思います。前回に引き続き優斗くんの選曲センスは、ファンの心理に近いものを感じます。

そして、わたしが応援している井上瑞稀くんは、King&Princeの生活(仮)を披露していました。恥ずかしながら原曲を存じ上げなかったため、もともとどういう雰囲気の楽曲なのを知らずに拝見しました。夏の配信の際にも思いましたが、瑞稀くんはアイドル感溢れる楽曲を探すことに、そしてそれを自分の世界観に引き寄せるプロデュース力に長けていると改めて思いました。それを感じたところが、楽曲の歌詞と演出がリンクしている点です。5人組グループであるHiHi Jetsにはメンバー同士の組み合わせがそれぞれ10組ありますが、その中でも特に印象の強い橋本くんとの"はしみず"でのパフォーマンスを見せ、さらににっこにこの橋本くんから青色のお花をもらい、思わず双子なのでは思いたくなるようなかわいいパフォーマンスをみせた猪狩くん作間くんからお花をもらい、最後に優斗くんからもメンバーカラーのお花をもらい、最後には5色の、メンバーカラーからなる花束を完成させる演出。さらにはメンバーカラーからなる紙吹雪の中で踊る演出。歌詞を読み込むと、メンバーに向けた思いを込めたパフォーマンスなのかな、と思いたくなりますが、その解釈をさらに強めるような演出が素敵でした。


今回の配信で改めて思ったことが一つあって。瑞稀くんは歌を得意としていますが、運動量の多いHiHi Jetsで生歌を披露している時もそのクオリティにばらつきがないことが本当に凄いと思います。そして瑞稀くんのもう一つすごいな、と思う点が、リップシンクがとても上手なところ。これは今日の配信でも、単純に瑞稀くんの歌唱力にばらつきがなくてリップシンクに見えているのか、あるいは本当にそうなのか、わからないシーンが何度かありました。ピックアップメドレーに関しても、最初はその声色の使い分け方が何通りかあったためリップシンクだと思って疑わなかったのですが、口元をみると生歌にも見えたのが正直なところです。別にどちらの方がアイドルとして必要である論争を発展させたいわけではないことはご理解していただけると幸いです。ただ単純に歌唱が安定している点も、リップシンクが上手な点もアイドルとしては素晴らしい才能だと思っています。


Island FES全体の構成としては、グループ間で披露する楽曲数に偏りがあった点は、もう少し改善の余地があったのではないか、エンディングで披露する楽曲はHiHi Jetsのオリジナル曲ではなく先輩方の楽曲がよかったのではないか、と思いましたが、それ以外についてわたし自身は十分に満足できる配信でした。

途中、演出の関係上"事前収録されている公演かな?"と思ったりもしましたが、うっかり場所名を話してしまったところが配信されていたのでライブ配信で間違いなかったのではないかと思います。

夏の配信以降、個人仕事も増え、各々でひとまわりもふた周りも大きく成長姿を、グループでパフォーマンスすることで見せてくれた公演。夏の配信より配信チケットの価格も上がっていましたが、それでも十分満足した公演でした。来年はグループでの活動も沢山あるといいなあ、そして直接そのパフォーマンスを見る機会があればいいなあ。


みんなから愛される素晴らしい1日でありますように。

 

最初に瑞稀くんを知ったのは、スノープリンス合唱団でした。

慎太郎くんの横で一生懸命うたう瑞稀くん。Jr.に疎かった私でも、瑞稀くんと涼くん、れいあくんが活躍するたびに、「大きくなって、、」と感動したのを今でも覚えています。

 

去年たまたまみた音楽番組で、デビューされている先輩方の前できらきらの笑顔でパフォーマンスしていた瑞稀くん。そこから瑞稀くんを応援するようになるまで、本当にあっという間でした。Jr.として活動している時間が長いにも関わらず、謙虚な姿勢を見せるその姿。アイドルに向きあう姿勢が、10代とは思えず、その考え方を知るたびに瑞稀くんを応援していてよかったな、と心の底から思います。

年甲斐もないですが、応援するたびに瑞稀くんを見つけられて本当によかったと思うことが本当に多くて。ひとつひとつのお仕事に向ける姿勢も。ファンを置いてきぼりにしないことを意識した企画も。ほしい時にほしい言葉をくれるところも。ひとつひとつあげたらキリがないけど、日々生活していくなかで、どこか消耗してしまう自分自身を瑞稀くんのパフォーマンスや言葉一つで補ってもらっているな、とひしひしと感じています。

 

2020年に入って、瑞稀くん自身からもはたちを心待ちにしている発言を聞くたびに、早くこの日が来てほしいなと思っていました。

改めて。

瑞稀くん、20歳のお誕生日おめでとう。

ジャニーズでいることを選択しつづけてくれてありがとう。人前に立つことを選び続けてくれてありがとう。生まれてきてくれてありがとう。

人前にたつことで、一体どれだけ失うものがあって。どれだけの負担があるのかは想像もできないけど、それはきっと並大抵の精神力でできるものではないことだけはひしひしと伝わってきます。

ときどき思うことがあって。きっとこんなに魅力的な瑞稀くんであれば、今のお仕事をしていなければ、きっと友人たちと普通に遊んで。すきな人とデートして。自然の流れで結婚して。きっとそういう生活をしていた年齢なんだろうなあ、と思います。人前にたつお仕事であるかこそ、本来であれば不要な神経を使って日常の生活を送っていることを考えるだけで、苦しくなります。だから、せめて。瑞稀くんを支えてくれる人が周りにいればいいなあ、と思うし、心を許せる人がいればいいなあと思います。

 

もし瑞稀くんが人前にたつことが苦しくなったらおやすみをしてもいいし、その場を去ってもいい。そう思えるくらい、もう私は瑞稀くんからたくさんの活力をいただいたこの1年。瑞稀くんが生きてさえいれば、私はあなたの幸せを祈って生きていけると思います。

 

19歳はどういう1年だったでしょうか。

たくさん演技のお仕事をした瑞稀くん。ドラマのゲスト出演にはじまり、映画2本、連続ドラマ逆ヒロイン、スピンオフドラマ主演、そして大河ドラマ出演。本当にたくさんのお仕事に恵まれた瑞稀くん。演技の経験が増えていくたびに、瑞稀くんがその役を演じきれているなあと贔屓目に見てしまいます。きっとこれからもいろんな役を演じるである瑞稀くん20歳の瑞稀くんがどういうお芝居を見せてくれるのか、本当に楽しみです。

 

19歳の瑞稀くんのパフォーマンスを生であまりみれなかったことが心残りですが、20歳の瑞稀くんに会える日を心待ちにしています。

 

 

幸せな1年でありますように。

 

 

 

2020.10.31

 

 

瑞稀くんの10代最後の大仕事が大河ドラマだと誰が想像できただろうか


瑞稀くん、大河ドラマ出演おめでとう。


まさか。まさかの大仕事。



永瀬廉くんが朝ドラに出演することが発表されたとき、いつか瑞稀くんにもヒロインの相手役をやってほしいな〜と個人的な夢が一つ増えました。

それは漠然とした夢ではなくて、きっと瑞稀くんならできるのではないか、瑞稀くんが一つ一つのお仕事を誠実にこなしているようにみえるからこそ、そう思えることができたことだと今でも思っています。瑞稀くんに甘いのは通常運転だからどうか片目だけでもつぶっていただけると幸いです。


去年まで出演していた舞台への出演がないことも発表された今月。それに伴い少し気持ちがざわつくこともありましたが、それでも瑞稀くんの髪型をみると、まだ発表できていないお仕事があるんだろうな〜と思っていたけど、それがまさか大河ドラマだとは夢にも思っていなくて。




たまたまお仕事がお休みだった金曜日。

たまたまお昼にSNSを開いたら、ちょうど発表された直後で。


夢かと思った。


まだジャニーズJr.の瑞稀くんが、大河ドラマに出演するなんて。

鳥肌がとまらなくて、それでもどうか誰かに声を出して伝えたくて、とりあえず電話に出てくれるであろう母親に報告して。声に出しても現実味がなくて、とりあえず友人にも連絡して。

瑞稀くんがIsland TVで直接報告してくれてようやく現実味が帯びてきました。大きな声を出してその喜びを伝えてくれる、というより喜びを噛みしめながら照れくさそうな笑顔を見せながらその発表を、これからの意気込みを話してくれる瑞稀くんが何よりも誇らしかったです。



いままで出てきた映画やゲスト出演してきたドラマは、先輩が出演することに付随して出演させていただけていることが多かったと思っています。

それが、荒ぶる季節の乙女どもよ。では逆ヒロインを演じ、それに続いて大河ドラマに出演するなんて。

荒乙では、同世代の役者さんとの実力差を実感して悔しい、というなコメントもよく目にしましたが、そこからすぐにこんなに大きなお仕事をつかんでくるなんて。

先輩の風間くんが出演しているとはいえ、今まで大河ドラマでバーターとしてジャニーズJr.を使うことはあったのだろうか。もし今回の出演がバーターだとしても、瑞稀くんが演技のお仕事を頑張りたい、と声に出していることが事務所の方に伝わり、それがあれだけ大きなお仕事に繋がってることは素晴らしいことだと思います。もちろん、瑞稀くんが自らの手で掴んだお仕事であれば、それ以上に嬉しいことはありません。




10代最後に報告してくれた大きな仕事。

瑞稀くんがやりたい、といっている演技のお仕事が続いていることが何よりも嬉しいです。

日本を代表する先輩方の胸を借りて、役者井上瑞稀がひと回りもふた回りも大きく成長する姿を見せてくれることを楽しみにしています。



瑞稀くん、がんばれ。





しがないジャニオタの雑誌・切り抜きの保管方法

コンスタントに購入してる媒体のひとつが雑誌です。

YouTubeで見せる私服とは違うスタイリングや、撮影中に盛れてる写真だけを切り取って紙にしてくれる雑誌が昔から大好きですが、ここ最近の瑞稀くんの雑誌に掲載される量が半端じゃない。

私が応援しているのはJr.で間違いないよね、って錯覚するくらい週に2〜3の雑誌に掲載されるので部屋が雑誌で溢れかえってます。


今日はようやく重い腰をあげて雑誌の整理をしたので、ついでに私の雑誌の整理の仕方を少しばかり。

別に変わったことはしてないし、これといっておすすめ!みたいな方法じゃないけど長年オタクしてきた私のマイルールくらいだと思ってみていただければ幸いです。



【雑誌を購入する基準】

基本的に週刊のテレビ誌、アイドル誌以外で、瑞稀くんやHiHi Jets掲載誌は中身を見ずに予約します。これには理由があって、表紙に人気グループが採用されるとほしい時に買えなくなってしまうことも多々あったので、基本的には予約してもれがないようにします。テレビ誌、アイドル誌は内容が好みのもの、あるいは表紙に掲載していただいたときに購入する感じです。そして表紙の雑誌は基本的に2冊以上買う。これは瑞稀くんを推すようになってできたマイルール。


【解体する基準】

表紙になってる雑誌は基本的に解体しません。これはわりとよくある話しなんじゃないかなーとおもうけど。表紙になってる雑誌が自室の本棚に並んでるだけで幸せです。ちなみに解体しない雑誌はプラスチックのブックカバーをつけます。最初の頃はダイソーに売ってるブックカバーをつけていたんだけど、わりと手に入らないこともあるのでAmazonで大量に購入しました。ばかでかい箱で届いたときはびっくりしたけど、特に問題なく使えてます。B5は小さめアイドル誌がぴったりすぎて装着するのに少し時間を要するけど、特に不満はありません。








【収納するファイル】

f:id:ggvecw:20200920214935j:plain

これは無印のクリアファイルA4ワイド一択です。どうしても雑誌は大きさが異なることが多いですが、なるべくひとつのファイルに入れたいので私はいつもこれを使用しています。これはおたくをはじめて一番変わってない部分かもしれない。そろそろなくなりそう、って思ったら良品週間などを利用してストックを準備するくらい大好き。

f:id:ggvecw:20200920215410j:plain

こんな感じでサイズが小さいテレビ誌なんかもそのまま入れちゃいます。背景が見えるのが嫌な方は白紙を入れたりするとおもうけど、私はそこまで気にならないのでそのままサイズ違いの記事も入れたりします。

f:id:ggvecw:20200920215547j:plain

そして100均で購入したシールに雑誌名と発刊号を記載しておきます。これで、いつの記事なのか、がひと目見てわかります。これは今まではあんまりしてなかったけど、10代から20代になる彼らはお顔の変化も大きいので、忘れないように記載するようになりました。ちなみにピンナップ等もいっしょに入れています。彼らの顔が表になるように折り目を変えていっしょに入れます。あと、今回の弱虫ペダルの雑誌ラッシュでは廉くんといっしょになることも多かったため、廉くんがすこしでも瑞稀くんのエピソードを話してくれてるものも基本的には残しています。その部分は読み返したくなった時に読み返せればいいので基本的には複数ページをまとめてひとつのポケットに入れているだけです。


どうでしょうか。いたって普通の切り抜き保管方法。まだまだ続く雑誌ラッシュですが、40ポケットのファイルが全部埋まると、その分瑞稀くんの頑張りが伝わって感動します。ファイルに関しては、メンバー全員のもの、瑞稀くんのもの、と分けずに保管しています。今まで唯一瑞稀くんが載ってない他メンバーだけの雑誌で購入したものは、さくちゃんのMAQUIAだったけど、それもいっしょに入れています。

ちなみにブックカバーは映画や舞台のパンフレットにも付けられるので便利です。私もわりかし最近になって使い始めてその便利さに驚いたのでよかったらぜひ。


今一番悩んでるものは、アクスタの収納方法です。開封していないものをどうすれば綺麗に保管できるのか。こちらもはやくマイルールを見つけたいものです。



2020/09 井上瑞稀くん掲載雑誌まとめ

弱虫ペダルの雑誌ラッシュが終わった〜と思ったら、荒ぶる季節の乙女たち。と応援屋の雑誌ラッシュが重なり、びっくりするくらいたくさんの雑誌に瑞稀くんが掲載されてます。


単純に数が多すぎて追えない。し、なにを買ったのか忘れちゃう。

逆に、これは買った!と思ってたやつがどこにも購入履歴なくてびっくりしました。つい最近の話。

そこで単純に備忘録として月ごとの掲載雑誌まとめを仮運用してみます。

作ってみてよかったら継続しようかな〜


※基本的に瑞稀くんか5人で掲載されているものに限定しています。



9/1発売

・JMovieMagazine(井上猪狩)

井上2ページ猪狩2ページ

・CINEMA SQUARE(井上猪狩)

井上猪狩3ページ(ソロページなし/JMMと衣装同じ)


9/2

ザテレビジョン(井上)

荒乙/ソロ2ページ(月刊テレビジョン10月号と衣装同じ)

・TV station(井上)

1/4ページのみ


9/7

・Duet(HiHi裏表紙)

荒乙1ページあり


9/8

・Fineboys(HiHi Jets)

集合1ページ、各々ソロ1ページ

(瑞稀くんが買い取ったパンツを衣装で着てます)



9/15

・QLAP!(井上猪狩)

井上猪狩5ページ/既出雑誌と衣装別


9/16

・TVガイド(井上髙橋橋本猪狩作間)

集合1ページ ソロ1ページずつ



9/19

VOCE(井上)→予約済

∟9/15時店でアナウンスはありませんが、公開された表紙に井上瑞稀の記載あります。


9/23

・ViVi(井上)→予約済

・TVガイド(井上髙橋橋本猪狩作間)


9/26

・TVガイドplus(井上)→予約済


9/28

・with(瑞稀)→予約済

∟9/12時点でアナウンスありませんが、Amazon楽天の購入ページには氏名記載あります。


テレビ誌が多すぎて追えないのはここだけの話。

きんぷりが表紙の雑誌は予約できてないとどうにもならないのに、発売された後に実は掲載されてます、!って言うのだけは、、本当に、、やめてほしいなと、、、(心の声



2020/9/3 記載

2020/9/10 QLAP追記

2020/9/13 with追記

2020/9/15 VOCE追記

2020/9/18 TVガイド追記

8/18 HiHi Jets Island TV更新動画144本まとめ

 

2020/8/18

 

サマパラの配信が決まって、すぐ上司に有給申請してもらったおやすみ。

配信が15時からだったので、朝一で弱虫ペダルを観に行きました。

そこまではよかった。瑞稀くんがスクリーンに映る姿、かっこよかった。

終わってTwitterのぞいたらやってくれていました。

HiHi JetsもといHiHi クソガキJets。普段更新していないIsland TVを144本あげるんですって。緩急の付け方がおたくもびっくりする緩急の付け方でびっくりしました。

 

私自身全部見れてないし、どれに瑞稀くんが写っているのか確認できていないので備忘録としてまとめていこうと思います。

 

ただいま15時公演直前なので、合間合間に追加することもあるかと思いますが何卒。

 

【5人】

HiHi Jets「HiHiの日 No.1」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.15」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.105」 | ISLAND TV 通し前

HiHi Jets「HiHiの日 No.108」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.111」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.127」 | ISLAND TV 裸の少年

HiHi Jets「HiHiの日 No.143」 | ISLAND TV 裸の少年宣伝

 

【瑞稀くん】

HiHi Jets「HiHiの日 No.12」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.14」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.16」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.21」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.28」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.30」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.31」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.44」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.45」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.46」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.47」 | ISLAND TV 蒼弥

HiHi Jets「HiHiの日 No.48」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.60」 | ISLAND TV 購入品

HiHi Jets「HiHiの日 No.61」 | ISLAND TV 泉くん

HiHi Jets「HiHiの日 No.62」 | ISLAND TV 倒立

HiHi Jets「HiHiの日 No.75」 | ISLAND TV 情熱ジャンボリー無音

HiHi Jets「HiHiの日 No.76」 | ISLAND TV さくちゃんのカメラ

HiHi Jets「HiHiの日 No.77」 | ISLAND TV 泉くん

HiHi Jets「HiHiの日 No.78」 | ISLAND TV 扇風機

HiHi Jets「HiHiの日 No.90」 | ISLAND TV 泉くん部屋

HiHi Jets「HiHiの日 No.91」 | ISLAND TV 蒼弥

HiHi Jets「HiHiの日 No.92」 | ISLAND TV 裸の少年(ばちくそにかっこいい)

HiHi Jets「HiHiの日 No.93」 | ISLAND TV 蒼弥とぼうし

HiHi Jets「HiHiの日 No.98」 | ISLAND TV バンク(撮影優斗)

HiHi Jets「HiHiの日 No.104」 | ISLAND TV 優斗

HiHi Jets「HiHiの日 No.122」 | ISLAND TV 泉くん/さくちゃん

HiHi Jets「HiHiの日 No.123」 | ISLAND TV 優斗・涼くん(はんがー)

HiHi Jets「HiHiの日 No.126」 | ISLAND TV 弱虫ペダル

HiHi Jets「HiHiの日 No.139」 | ISLAND TV バスローブ

HiHi Jets「HiHiの日 No.140」 | ISLAND TV 涼くんによる似顔絵(優斗・涼くん)

HiHi Jets「HiHiの日 No.141」 | ISLAND TV 一気飲み

 

 

 

 

【優斗くん】

HiHi Jets「HiHiの日 No.2」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.3」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.4」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.17」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.18」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.19」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.32」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.34」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.35」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.37」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.49」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.50」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.51」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.52」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.63」 | ISLAND TV 旗①(撮影さくちゃん)

HiHi Jets「HiHiの日 No.64」 | ISLAND TV 摩擦(撮影さくちゃん)

HiHi Jets「HiHiの日 No.66」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.67」 | ISLAND TV 昼寝

HiHi Jets「HiHiの日 No.68」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.82」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.83」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.84」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.94」 | ISLAND TV 旗②(撮影さくちゃん/お気に入り)

HiHi Jets「HiHiの日 No.95」 | ISLAND TV さくちゃん

HiHi Jets「HiHiの日 No.97」 | ISLAND TV (撮影さくちゃん)

HiHi Jets「HiHiの日 No.102」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.103」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.104」 | ISLAND TV 送風機/瑞稀

HiHi Jets「HiHiの日 No.106」 | ISLAND TV (撮影瑞稀)

HiHi Jets「HiHiの日 No.113」 | ISLAND TV ゆうぴーさたでー⑥

HiHi Jets「HiHiの日 No.115」 | ISLAND TV 髙橋ソフト麺

HiHi Jets「HiHiの日 No.123」 | ISLAND TV 瑞稀・涼くん

HiHi Jets「HiHiの日 No.124」 | ISLAND TV 涼くんによる似顔絵

HiHi Jets「HiHiの日 No.125」 | ISLAND TV ペットボトル一気飲み(さくちゃん、蒼弥)

HiHi Jets「HiHiの日 No.129」 | ISLAND TV めがね

HiHi Jets「HiHiの日 No.140」 | ISLAND TV 涼くんによる瑞稀くん似顔絵(瑞稀・涼くん)

 

 

【涼くん】

HiHi Jets「HiHiの日 No.7」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.8」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.23」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.24」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.25」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.39」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.40」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.41」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.56」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.65」 | ISLAND TV 裸の少年(撮影さくちゃん)

HiHi Jets「HiHiの日 No.71」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.72」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.80」 | ISLAND TV さくちゃん(前日)

HiHi Jets「HiHiの日 No.99」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.100」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.110」 | ISLAND TV さくちゃん

HiHi Jets「HiHiの日 No.118」 | ISLAND TV 料理(17分)

HiHi Jets「HiHiの日 No.119」 | ISLAND TV Tシャツにおえかき

HiHi Jets「HiHiの日 No.120」 | ISLAND TV 柔軟

HiHi Jets「HiHiの日 No.123」 | ISLAND TV 瑞稀・優斗

HiHi Jets「HiHiの日 No.124」 | ISLAND TV 優斗似顔絵

HiHi Jets「HiHiの日 No.128」 | ISLAND TV 裸の少年

HiHi Jets「HiHiの日 No.133」 | ISLAND TV 料理 めがね(5分)

HiHi Jets「HiHiの日 No.135」 | ISLAND TV ラジオ

HiHi Jets「HiHiの日 No.140」 | ISLAND TV 瑞稀くん似顔絵(瑞稀・優斗)

 

 

 

【蒼弥くん】

HiHi Jets「HiHiの日 No.3」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.5」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.6」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.20」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.22」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.36」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.38」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.47」 | ISLAND TV 瑞稀

HiHi Jets「HiHiの日 No.53」 | ISLAND TV ASMR

HiHi Jets「HiHiの日 No.54」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.55」 | ISLAND TV 

HiHi Jets「HiHiの日 No.69」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.70」 | ISLAND TV 蒼弥宅

HiHi Jets「HiHiの日 No.79」 | ISLAND TV 裸の少年

HiHi Jets「HiHiの日 No.81」 | ISLAND TV 裸の少年

HiHi Jets「HiHiの日 No.85」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.86」 | ISLAND TV 蒼弥宅

HiHi Jets「HiHiの日 No.87」 | ISLAND TV 蒼弥宅

HiHi Jets「HiHiの日 No.91」 | ISLAND TV 瑞稀

HiHi Jets「HiHiの日 No.93」 | ISLAND TV瑞稀とぼうし

HiHi Jets「HiHiの日 No.101」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.109」 | ISLAND TV さくちゃん

HiHi Jets「HiHiの日 No.114」 | ISLAND TV セグウェイ

HiHi Jets「HiHiの日 No.116」 | ISLAND TV RAP

HiHi Jets「HiHiの日 No.117」 | ISLAND TV 遭遇

HiHi Jets「HiHiの日 No.130」 | ISLAND TV 一気飲み (瑞稀)

HiHi Jets「HiHiの日 No.131」 | ISLAND TV 真顔

HiHi Jets「HiHiの日 No.132」 | ISLAND TV 正門くんエピ

HiHi Jets「HiHiの日 No.142」 | ISLAND TV なぞかけ(優斗)

 

 

 

 

【龍斗くん】

HiHi Jets「HiHiの日 No.9」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.10」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.11」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.13」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.26」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.27」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.29」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.33」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.42」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.43」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.57」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.58」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.59」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.73」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.74」 | ISLAND TV さくちゃん宅

HiHi Jets「HiHiの日 No.80」 | ISLAND TV 涼くん(前日)

HiHi Jets「HiHiの日 No.88」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.89」 | ISLAND TV さくちゃん宅

HiHi Jets「HiHiの日 No.95」 | ISLAND TV 優斗

HiHi Jets「HiHiの日 No.96」 | ISLAND TV(撮影優斗)

HiHi Jets「HiHiの日 No.100」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.101」 | ISLAND TV バンク

HiHi Jets「HiHiの日 No.107」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.109」 | ISLAND TV 蒼弥

HiHi Jets「HiHiの日 No.110」 | ISLAND TV 涼くん

HiHi Jets「HiHiの日 No.112」 | ISLAND TV

HiHi Jets「HiHiの日 No.121」 | ISLAND TV カメラマンさくちゃん

HiHi Jets「HiHiの日 No.122」 | ISLAND TV 泉くん

HiHi Jets「HiHiの日 No.136」 | ISLAND TV こけ

HiHi Jets「HiHiの日 No.137」 | ISLAND TV 夕日

HiHi Jets「HiHiの日 No.138」 | ISLAND TV

水浴び

 

 

 

14:50 No50まで貼り付けました。

17:34 No112まで貼りつけました。

内容確認できているもの、複数人で写っているものも記載しております。

21:19 No 143まで貼り付けました。

 

最高だったはいはい さまぱら1部。

いざ2部へ。

 

井上瑞稀くんに降りました。 #担降りブログ

1年前のわたしは、まさか自分が担降りブログ書いてるとは夢にも思ってなかったな〜。

ってことで、人生初の担降りです。



本題に入る前に。

単なるおたくの1人である私が担降りブログを書くのは完全に自己満足以外のなにものでもないのですが、もともと応援していたタレントの名前をあげるのはわたしの中の美学に反するので、あくまでも"彼"としていきます。あくまでも立つ鳥跡を濁さず、の精神で。




そもそも、今更担降り?いやいや、過去記事もだいぶ前からHiHi Jets一色だったやん?と言われるとそれまでなのですが、去年の夏から掛け持ちという形で、それまで応援してきた彼と瑞稀くんを応援し始めました。しかし、最近はもっぱら瑞稀くんの活動しか追えていなくて、"あーわたしには掛け持ちは向かないなー"と感じたので、ふらふらした気持ちを一度整理するためにも担降りブログなるもの書いてみよう、と思った次第です。



わたしのジャニオタ 遍歴は遡ること13年前からになります。

2007年にワイドショーきっかけにぷかぷかと沼に入っていき、気づけば中学高校大学と、飽きることなく1人だけを応援してきました。もはやわたしには担降り、という概念がないんだろうな、と思った矢先。2019年の夏に、彼とは全く違うタイプの井上瑞稀くんを応援するようになりました。この出来事は自分のなかでも本当に予想外でした。

二十数年も私を生きてると、こういう人が好きだな〜っていう、いわゆるタイプって言われるものが自分の中に存在してますが、瑞稀くんは何もかもが例外でした。メンバーカラーが赤なところも、わりとセンターに立つことが多いことも、私自身より若いことも、身長が平均的なところも、お顔立ちが甘めなところも、スタイルがすらっとしているところも、まだデビュー前であるところも、、あげはじめたらきりがないですが、本当に何もかもがそれまで応援している彼とは違うタイプでした。



きっかけは、たまたま見ていた音楽の日。ふわふわした髪型できらきらした笑顔でテレビに映る瑞稀くんは、当時ファンでもなんでもないわたしに元気を与えてくれました。橋本涼くんとともに、ちびじゅとしてスノープリンス合唱団などに参加していたことを覚えていた私は、あの、井上瑞稀くんが大きくなってることにも驚いたし、そのあまりのかわいさに驚いたことも覚えております。その横に大きくなった橋本涼くんもいて、1人タイムワープした気分になったことは秘密です。でもそこからジャニーズJr.のYouTubeをみるようになったし、サマーステーションの配信もみるようになりました。



それからはや1年。わたしの生活の中心は瑞稀くんになりました。5日に1回まわってくるブログの更新が楽しみになったし、YouTubeが更新される日曜日の20時には家にいるようになりました。地上波に瑞稀くんが出るだけで放送日まで仕事を頑張れるようになったし、いままであまり購入しなかった公式写真も購入するようになりました。

こんなにたくさんの変化をもたらしてくれた瑞稀くんですが、どうして瑞稀くんの沼に落ちたのか、たまに考えてみるのですが未だにわからないところの方が多いです。

それでも、私自身が理解していることは、瑞稀くんのパフォーマンスが好きだし、瑞稀くんの仕事に対する意識が好きだし、ファンに向けてくれる態度が好きだという点です。もともと天邪鬼な性格なので、センターに立っている人、赤色の人をそもそも推さない派の私にとっては、そんなどうでもいいマイルールをあっという間に覆してしまうほど、アイドルである井上瑞稀くんはたくさんの魅力で溢れているな〜と思います。


まだたった1回しか瑞稀くんのパフォーマンスを観れていませんが、それでも、"ここ数年で1番幸せなことは、瑞稀くんを見つけたことかもしれない"と思うくらいに、今の瑞稀くんを応援できて嬉しいな〜と常々思います。キュートなお顔や、綺麗な歌声はもちろん、怪我をしても一切公言しないまま舞台に出演し続けたプロとしての自覚が、よりアイドルとして活動する瑞稀くんを輝かせてくれる要因の1つになっていると思います。



なんか、すごい激重な文章ですが、結論私に掛け持ちはむいてなかった、って話です。掛け持ちが向かないから、瑞稀くんにしか目がいかなくなった、ってところです。単純に幸せが2倍になると思ってたけど、意外とそうでもなかったな〜。

でもいつか元推しと瑞稀くんがドラマとかで共演する日がくるといいな〜!!!!そんな日が来たら嬉しくて嬉しくて小躍りしちゃうかもしれない。





そんなこんなで改めまして。

井上瑞稀くんに担降りしました。