君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

ファンになって1年足らずのわたしがお勧めするHiHi Jetsオリジナル曲。


事務所として取り組んだYouTubeによる配信。 

#Johnnys  world happy live with you!(以下JWHL)

ジャニーズJr.として2組しか単独出演していない中で、その貴重な枠を1ついただいたことはとても嬉しいことだなーと思います。

さらに本来であれば、春祭りで披露する予定だった新しい新曲「駆ける」まで長尺で披露してくれました。嵐が歌いそうな爽やかなメロディと、思い馳せたくなるような歌詞にHiHi Jetsを表すフリ。えもいね!!こんな言葉でしか表せない自分の語彙力が憎いけど、瑞稀くんにHiHi Jetsとしてぜひ成功してほしいな、と思いました。




そんなこと言いながら、動画が配信された日曜日に、結構長い時間急上昇ワードにHiHi Jets関連が上がっててもうすでに世間に見つかったのではないかな〜と思っているんですが、どうですか??見つけた〜と思った方はいらっしゃいますか??

奇遇ですね。わたしも2019年の夏、同じ体験をした者です。

そんなわたしがおすすめするHiHi Jetsのパフォーマンスを!Dooooonと5曲、勝手に紹介しようと思います!!!

(注 5曲といいながら番号が重複しており、計6曲あげています。でもわたしの中で絞り出した曲なので番号も重複したままにしてます。以後気をつけます!!!!)


ちなみに、動画配信と同じようにHiHi Jetsオリジナル曲のパフォーマンスに限定しようと思います。デビューしてないのにオリジナル曲たくさんいただけてるのもHiHi Jetsの凄いところです。あなたのアイドルを見つける目、最高です。






1) HiHi Jets -YouTube DANCE動画、2020/3/13 MUSIC STATION他多数


HiHi Jetsといえば、HiHi Jets(曲)です。デビューしていないのにもかかわらず、ユニット名がついてる曲を持っています。強い。

歌詞は、一回聞いただけでは理解することが難しいですが、そこは求められていないので大丈夫です。歌詞の意味を考えることより大事なのはフィーリング(個人的な感想)。意味はわからないけど元気が出る曲です。聞くたびにはまるし、そのうちイントロのドンッドンッドンッカッで猪狩蒼弥が飛ぶ絵が脳内でリピートされます。そこまできたらあなたはすでにHiHi一族。ようこそ。



2) baby gone - YouTube パフォーマンス動画、少年倶楽部など


JWHLで2曲目にパフォーマンスしてた曲。そう、5人で星を作っていた曲です。ごりごりに踊っていたあの曲、なんと猪狩蒼弥が振り付けした曲なんです〜!!!!猪狩蒼弥が誰かわからないって?HiHi Jets(曲)のイントロで挨拶しながら時間が足りなくなって真顔になりながら途中で挨拶を諦めた、緑のファーを腰からぶら下げてる彼です。若干17歳。2020年度にようやく高校3年生になります。そんな猪狩蒼弥が振り付けした曲。猪狩蒼弥のクレバーさは、HiHi Jetsの武器の1つだと思っています。彼の才能に気付いたそこのあなた、あなたはすでにHiHi一族です。




3)だぁ〜くねすどらごん - YouTubeパフォーマンス動画、少年倶楽部


ユニット名がついてる楽曲を持っているHiHi Jetsですから、メンバー紹介の楽曲も持っています。作詞は天才猪狩蒼弥。これも本当に天才だから是非ともYouTubeでみてほしい。ちなみにYouTubeでは「メンバー紹介RAP」として動画があるのでご注意を。JWHLでは披露してなかったですが、HiHi一族のあなたに是非とも聞いてほしい。まだそうではないそこのあなたにも是非聞いてほしい。ちなみに、YouTubeでは字幕をONにすると歌詞が確認できます。是非、歌詞を読みながら楽しんでほしい、猪狩蒼弥は天才だから。




3) Eyes of the future - 少年倶楽部


2019年9月の少年倶楽部で披露した楽曲。とてもおしゃれな曲ですが、HiHi Jetsの意気込みが感じられる楽曲。私が好きなオリジナル曲の中でトップを争う曲です。まだ披露する機会がそんなに多くないのがとても残念ですが、本当にいい曲。はやくYouTubeにパフォーマンス動画をあげてほしい曲。



4)ZENSHIN - YouTube DANCE動画、2020/3/13 MUSIC STATION


2020年7月期のBS日テレで放送されていた「恋の病と野朗組」の主題歌。Jr.が主演のドラマとはいえ、デビューしていないのに主題歌を歌うHiHi Jets。とても強い。Mステで披露したり、今回のJWHLで披露したりなにかとメディアで披露する機会の多い曲。HiHi Jetsの元気さが伝わる曲で、真似しやすい貼り付けもポイントだと思います。



5) 情熱ジャンボリー - YouTube パフォーマンス動画、2020/3/29 JWHL他


ZENSHI、HiHi Jets(曲)に並びメディアで披露する機会の多い楽曲。

2019年4月から放送されていたアニメ爆丸バトルプラネットのオープニング曲。アニメのオープニング曲なのに、やたらHiHi Jetsを連呼している曲。あれ、デビューしてないのにそんなにグループ名言うんだ?っていうくらい言います。HiHi Jets(曲)に並ぶくらい連呼します。それを許してくれていた爆丸さん、ありがとう。爆丸さんは立派なHiHi一族。






これだけあげてもまだ他にもあるHiHi Jetsのオリジナル曲。

みたいですよね?みたいですよね???

そんなあなたにおすすめするのがこちら!「裸の少年DVD」!!なんと、期間限定で予約受付している完全受注生産のDVDに去年の夏の公演がまるっと入っています。わたしおすすめのEyes of the futureも観れます。猪狩蒼弥のオリジナルソロ曲Fenceも披露されていた公演が、映像化されます!!!!!これは本当に嬉しい〜6月末の発売が心待ちすぎる〜ということで、確か5月の頭まで予約を受け付けています。それを逃したら本当に売ってくれない。なので是非!この機会にHiHi Jetsに興味を持ってくれたそこのあなたにも観てほしい。





まだまだパフォーマンスが荒削りなところはありますが、HiHi Jetsのこの勢いを、成長を見守れるのはとても幸せだし、わたしのアイドル見る目は最高だった。みつけた私、偉いよ!

HiHi Jetsは色々あった方ですが(気になった方は検索してみてね)、それでもアイドルとしての可能性を感じさせてくれるところは本当に凄いし、逆に色恋で売ってない、パフォーマンス一本勝負にかけている気がしているところもとても良き。甘い甘い言われるけど、おたくは甘いものです。ここテストに出ます。


今回、HiHi Jetsをみつけてしまったそこのあなたも是非一緒にHiHiコールしようね!