君らしく僕らしく

10年モノじゃにおた。今はやりの理系おたく@may__81

2020年3月におもう。




正直このムードに疲れてる今日この頃。

医療職に従事してる身としては、本当に本当に疲れたなというのが正直なところです。テレビをつけても職場でも同じワードしか聞かない日々はいつまで続くのでしょうか……


そして心の支えでしかなかった春祭りも休演が発表されましたね……この時期に発売される雑誌が春祭りの話しかしてなくて、本来であればわくわくさせてくれるであろうテキストも、幻の公演となった今は読むのもつらいのが現状です。みんな顔が可愛いからいいけど!!!Mステもみんな可愛かったからまだ元気だけど!!!タグ作ってヘアスタイルをファンに聞いたみずきくん、リサーチ力が高すぎてファンとして感動した…私の推しはどこまでもアイドル。

#井上瑞稀MステでZENSHIN



でも春祭りが奪われた今、目下の楽しみは裸の少年のDVDだけです……

わたしは6月末まで精神的な意味で生きていけるでしょうか。来月行く予定の舞台は開演するのか……するといいなあ





春祭りにあわせてなのか、発表できなかったお仕事があったのか定かではありませんが、色んな雑誌で表紙を飾らせていただけるHiHi Jetsさん。アイドル誌のDUETに、ザテレビジョン、TVガイド、これから発売される雑誌にNHKウィークリーステラ、MYOJOと本当にたくさんの表紙に起用していただけて嬉しい限りです。十何年おたくしてきて、初めて同じ雑誌を3冊以上買うという経験をしています。それに加えて春祭りの宣伝で載せていただけてる雑誌もたくさん。


どの雑誌もみんなそれぞれ写真写り抜群です。かわいい。でもそれ以上に、どの雑誌もテキストがおたくの心に染みます。これはあくまでも持論なんですが、HiHi Jetsを好きな方で彼らよりいくばくかお姉さんな人たちは、彼らが5人で集まった時のキラキラ具合や無邪気な様子、陳腐な私の語彙力では青春というワードしか出てきませんが、その雰囲気が大好きなのではないかなと思っています。少なくともわたしはそうです。もちろん彼らのパフォーマンスは大好きですが、パフォーマンスにしかりブログにしかりYouTubeにしかり、何をとっても未成熟な彼らがデビューに向かって必死になっている様が、大人になってしまったわたしにはとてもキラキラしていて眩しくて、見ているだけで活力をもらえる気がします。そんな彼らが、様々な雑誌でこの半年の出来事をそれぞれで振り返っています。わたしがよく目にするキラキラな彼らとは対照的に、少し憂いをおびているような大人になりかけているのではないかと読み手に思わせるテキストで読むたびに少し苦しくなります。読むのがつらい、あの4ヶ月を思い出したくない、というわけではないのですが。4ヶ月を経て形成された彼ら5人が持つそれぞれのアイドル像を、多方面から浴びすぎて深読みする機会が増えてしまった、というところでしょうか。うまく言葉で言い表すことができないことが残念ですが。正直、あの4ヶ月について触れるのは密着番組が放送された時点でお腹いっぱいでした。彼らにはもっと、ご飯食べに行った!とか、リハ頑張ってるよ!とか、免許取ったよ!っていうお話をしてもらうだけでファンは幸せな気持ちになるんだな〜と実感しています。もはや今は楽しそうなリハの話を読むだけでしんどくなりますが。


でもそれだけ考えすぎてしまうくらいたくさんの露出があるのも嬉しいことだな〜と日々思います。彼らがたくさん時間を費やした演目を目にすることができないのは本当に悔しいですが、彼らのコメントも前しか向いてなくて、それでこそHiHi Jetsだと納得してしまいました。優斗が出演していた番組で、うがいの効果に対して疑問符が付いていたにもかかわらず、手洗いうがいって文言を見たときは、優斗さん…となりましたが。





エンタメが枯渇するとこんなにも人は元気がなくなるんだと実感した1ヶ月。年度末だし、もう耳にタコができるくらい毎日おなじようなニュースだし、元気も出ませんが毎日のように誰かがテレビに出てくれるから、がんばれています。毎週のように表紙を飾ってくれるから、がんばれています。毎日ブログを更新してくれて、毎週YouTubeも更新してくれるから、がんばれています。大きなお知らせがなくてもがんばれるけど、エネルギーの貯蓄が切れそうなので、次のお知らせがすぐにあることを祈っております。グッズも通販してくれてありがとう。せっかく遠征費が空いたので、DVDと写真とグッズたくさん買おう、っと。



自分の機嫌は自分でとっていくスタイルで。